そのまま生でも当然イケる!お刺身、お寿司のネタとしても

写真はイメージです。

新鮮なカニを楽しむなら、やっぱり刺身・寿司がおすすめ!

カニを食べる際にはボイルしたものを食べているイメージが強いですが、テレビなどで市場で新鮮なカニを生で食べているところを見ると、新鮮な生のカニを食べたくなるかと思います。

やはり、新鮮なカニを楽しむのであればボイルしたものではなく、刺身やお寿司で食べるのがおすすめです。
刺身やお寿司で食べれば、カニのねっとりとした濃厚な甘みが感じられるのでカニの甘さを感じたい人にはピッタリの食べ方と言えるでしょう。
もちろん、ボイルしたものもカニの旨味が凝縮していて、甘さも引き立っているので良いのですが、やはり一度は新鮮なカニを生で頂きたいものです。

カニのお刺身の作り方

カニのお刺身を作る時は、ただ殻を剥いて出すだけではカニの甘みを十二分に引き出すことはできません。
カニのお刺身を最大限美味しく食べる方法があります。
まず、カニの脚を胴体から切り離し、2つ目の関節からも切り分けて太さのある部分だけを残します。
この時、スッと取り出しやすいように、殻に切れ目を入れておきましょう。
次に殻と身の間に指を入れて殻を開いていきます。
一気に剥くようにすると身と殻が剥がれやすくなり、女性でも簡単に剥くことができます。

また、数秒だけ熱湯にサッと潜らせると、身が引き締まるおかげで殻から剥がしやすくなるのでおすすめです。
ただしあまり長い時間やってしまうと生ではなくボイルになってしまうので注意しましょう。

あとは氷水で5分程度冷やし、洗いをかけます。
洗いをかけることでカニの身が花咲いたように開き、見た目にも美しくなるので挑戦してみましょう。

生のカニを食べるならズワイガニがおすすめ!

カニにはズワイガニやタラバガニ、毛ガニなど、様々な種類のカニがありますが、生で食べるならズワイガニがおすすめです。
タラバに比べると細身ですが、その中には甘みや旨みがギュッと詰め込まれており、生のお刺身やお寿司などにはピッタリのカニです。
ズワイガニを通販サイトで購入する場合、ボイル済みのものと活ガニという活きているカニをそのまま詰めて送られるものがあります。
冷凍でもボイル前のものがあるため、解凍すれば生で食べられるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、冷凍のものは生食用ではありません。
「生食も可能」というように記載されているものでない限りは、冷凍のカニをお刺身やお寿司にして食べるのは止めておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ