ズワイガニを使ったかにチャーハン

写真はイメージです。

手軽なのに最高に美味しい!ズワイガニを使ったカニチャーハン

ズワイガニの食べ方として、ボイルしたものをそのまま食べることを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
ズワイガニをそのまま食べてももちろん美味しいですが、色んな料理に加えて食べるのもおすすめです。

中でも手軽で簡単に作れるのに、とても美味しい料理があります。
それは、チャーハンです。
塩気のあるチャーハンと甘さ際立つズワイガニがベストマッチします。

カニチャーハンの作り方

カニチャーハンの作り方として、まずはズワイガニの身をほぐすことから始めていきます。
ズワイガニは生よりもボイルしてあるものの方が、身を取り出すだけでいいのでボイルしたものを購入するようにしましょう。
また、カニの殻を剥くのが難しいという方は、既に剥いてあるポーションがおすすめです。

カニの身をほぐしておいたら、次にネギを小口切りに刻んでおき、卵を溶いておきます。
白身と黄身が均等にしたい方は、箸で白身を切るようにしてかき混ぜると白身が細かくなって均等になりやすいです。

下準備が出来たら、フライパンにごま油を敷いて熱します。
油が温まったら、卵を加えて半熟くらいの固さになったらそこで一旦別のお皿に取り出しておきましょう。
卵が出来たら新しくごま油を追加し、今度はご飯とカニの身を加えて炒めます。

鶏がらスープの素と塩コショウ、色味をつける程度の少量の醤油を加えて炒めていき、最後に炒めておいた卵とネギを加えれば完成です。
シンプルですが味わい深い1品となります。

カニチャーハンならあんかけもおすすめ!

カニチャーハンにするならあんかけカニチャーハンにしても美味しくいただけます。

あんかけは水と酒や醤油、鶏がらスープの素、ごま油、塩コショウを加えて煮込み、火を止めてから水溶き片栗粉を加えてとろみが付いたら完成です。
ただのあんをかけるだけでも美味しいのですが、ここにグリンピースなどの緑を加えると色鮮やかなカニチャーハンになりますし、さらにこのあんにもカニの身を入れることで贅沢なカニチャーハンに仕上げることができます。

シンプルなチャーハンにあんかけをかけるだけで、少し豪華な気分のチャーハンを楽しめるのでぜひ味わってみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ