ズワイガニの旬はいつなのか?

ズワイガニの旬は冬から春にかけて

ズワイガニには漁ができる期間が定められています。
日本海側のとある県から北寄りになると、雄雌関係なく10月初めから翌年5月いっぱいとなっています。
また地域が違ってくると、漁期も変わってきます。

例えば雄雌ともに漁期開始が11月初旬と一緒なのに、終了する時期は2か月ほど違います。

旬については冬が一番と言いたいところではありますが、それは日本海側での話で、北海道などもっと北の地域では、少し暖かくなってきた春先ごろから初夏にかけてが旬となっています。
水揚げされる地域によって旬にもズレが生じてきます。

基本的に真夏以外の一年中が旬で、いつ食べても美味しいということです。
冬に食べた方が雰囲気も相まってより一層おいしく感じることができるのではないでしょうか。
反対に、あえて旬ではない時期にカニを購入するとかなり安くなります。
味にも見た目にもさほど変わりはありませんので、通販で購入すると通常よりも格安で手に入るかもしれません。

ズワイガニの地域ごとの旬は?

・山陰や北陸地方などの日本海で穫れるズワイガニ

山陰や北陸地方などの日本海で穫れるズワイガニの解禁日は、資源を守るという観点から、毎年11月6日と決まっています。
甲羅が規定の大きさに達していないカニは獲ってはいけないことになっています。
それは旬であろうと関係なく禁止されているのです。
福井県で穫れるズワイガニは「越前ガニ」という呼び方は雄のカニのみで、雌のカニはまた違う呼び方になります。
旬の時期は解禁日から3月の下旬までとなっています。
また、雄雌関係なく5月いっぱいまでと定められています。

山陰地方で水揚げされたズワイガニのことを「松葉ガニ」と言い、金沢の能登や橋立などで水揚げされるズワイガニを「加能ガニ」と言います。
加能ガニには青いタグが付いているので分かりやすいです。

このように、穫れる産地によって名前が変わる山陰や北陸地方などの日本海で穫れるズワイガニですが、漁の解禁日であったり旬は大体同じものと言えるでしょう。

・北海道で穫れるズワイガニ

ズワイガニの漁場となるオホーツク海は、上記の旬の時期はまだ流氷で通ることができません。
そのため、北海道では氷が溶け始める4月から5月にかけてが旬となっています。
この頃のズワイガニは身の甘さが格別で美味しくなります。

需要のピークは12月から2月まで

ズワイガニは鍋物の食材として、年末年始に需要が高まるため価格が上がってきますが、11月や3月に獲れるカニは品質や味が良いだけではなく、値段は年末年始に比べると安くなっているのでそういった時期にお得に購入してみてはいかがでしょうか?
旬のズワイガニはボイルだけではなく、冬にピッタリなカニ鍋にしても美味しくいただけます。

また、通販サイトを利用することで更にリーズナブルに旬のズワイガニを購入することができます。
今年の寒い冬はカニ鍋で身も心も温かくしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ