ズワイガニの甲羅についている卵の正体とは?

ズワイガニに付いているブツブツは何?

ズワイガニの甲羅に黒いブツブツが付いている事を見た事がある人は多いと思いますが、このブツブツの正体が何なのか知っている人はいますか?
よく見ると少し気持ち悪いですが、実は「カニビル」というヒルの卵なのです。
カニビルとは、ヒルの一種で魚の体液を吸って生きている生物です。
カニビルが生息している海底は、砂地や泥で覆われているので卵を産んでも流れて行ったりしてしまうので、カニの甲羅に産みつけて卵を固定させているのです。

卵を食べても大丈夫なの?

卵が孵って寄生したりしないのか気になる人も多いでしょう。
ですが、カニの体には寄生する事はなく、魚の体液を吸って生活をしているだけなので安心です。

また、カニビルがズワイガニに付着したまま調理をしても平気かというと、それについても全く問題はありません。
茹でたり焼いたりして熱を通したりする事で、死んでしまいます。
ですが、その多くは既に孵化した後なのでズワイガニを購入した時に付いているカニビルの卵の中は空っぽな事が多いのです。
誤って食べても問題はありませんが、見た目が気持ち悪いと感じる事が多いので、食べる際は取り除いてから調理すると良いでしょう。
タワシなどで擦ればすぐに取れます。

カニビルが付いているズワイガニについての迷信がある?

「カニの甲羅に黒いブツブツがたくさん付いている方が美味しい」と聞いた事はありませんか?
昔から言われている事で、カニビルの卵の量が多い方がカニの身が詰まっていて美味しいと言われています。
なぜなら、カニは脱皮しながら育っていくのですが、脱皮をする際には多くの栄養を使うために身が少なくなり、食べても満足感は得られません。
脱皮をしたカニの甲羅にはもちろんカニビルは付いていません。
なので、カニビルの卵が多く付いているカニは、脱皮してからの期間が長い証拠と言われています。
ですが、実際には脱皮したばかりのカニにもカニビルは卵を産みつけます。

脱皮してからカニの身がしっかりと詰まるまで約半年は掛かると言われています。
この半年の間に産みつけない事は考えられないので、例え身が少ないカニでもカニビルの卵は付着しているのです。
また、カニビルがカニの身を吸うわけでもないので、身の詰まり具合は関係ないと言えるでしょう。

その他にも、日本海側のカニにしかカニビルが付いていないとも言われていますが、東北や北海道など太平洋側で獲れたカニにもカニビルは付着していますし、ロシアなど海外で獲れたカニにもカニビルは付着しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ