ズワイガニは全国の駅弁でも人気の食材

カニの王様で知られるズワイガニは、全国で販売されている駅弁の食材としても人気が高いです。
今回はズワイガニが使用されている人気駅弁をご紹介します。

北陸を代表する越前かにめし

「越前かにめし」は明治35年に創業された番匠本店の駅弁です。
この駅弁は昭和36年の発売以来から高い人気を得ており、北陸を代表する駅弁にひとつになります。
赤い包装紙を開けると、カニの形をした容器が可愛らしい印象です。
そして蓋を開けば、表面にはぎっしりとカニの身が詰まった中身があらわれます。
身はべにずわいがみのほぐし身とズワイガニのコロ身がトッピングされており、身の下には茶色みのあるご飯が詰められているのです。
このご飯はズワイガニのメスであるセイコガニの卵巣と味噌を一緒に炊き込んだご飯になります。
ご飯とカニ身と、まさにカニ尽くしの駅弁で、カニ独特の風味を味わえることが人気の理由です。
付け合わせには生姜の醤油漬けが入っており、添付された海苔を散らすことでより香ばしい香りを堪能することができるでしょう。

本ズワイガニと紅ズワイガニがぎっしり詰まった駅弁

アベ鳥取堂という駅弁屋では、昭和33年から「かに寿し」を販売しています。
かに寿しは現在でもロングセラー商品となっていますが、さらに豪華な駅弁が「かにの匠 かにづくし弁当」です。
お弁当を開くとまず紅ズワイガニの爪が目に入り、その下には紅ズワイガニのほぐし身がふりかかるご飯があります。
ほぐし身はご飯よりも多いほど、たっぷりと使われているのが特徴です。

カニの爪にはカットされているので食べやすいのも嬉しいところです。

そして、ご飯と仕切られた隣は、本ズワイカニが乗っかったカニ寿司となっています。
カニ寿司の横にはカニ味噌まで入っており豪勢な駅弁です。

冬にしか食べられないずわいがに寿司弁当

富山といえばます寿司が有名ですが、冬季限定で食べられるズワイガニの駅弁もとても人気です。
駅弁業として100年余りの歴史を持つ源では、紅ズワイガニの漁獲が解禁される冬季限定で販売している「ずわいがに寿司弁当」があります。
富山湾で水揚げしている紅ズワイガニを浜ゆでしたものを、酢飯にたっぷり乗せた贅沢な駅弁です。

お弁当は当日に水揚げして茹でたズワイガニのみを使用して販売しているので、新鮮で甘味の強いカニを味わうことができます。
酢飯も酸っぱくないので、紅ズワイガニ本来の味をしっかり感じるられるところが人気の理由です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ