越前ガニって知ってる?なぜ人気なのか

越前ガニとはどんなカニ?

越前ガニとは福井県沖で水揚げされるズワイガニの名称です。
ズワイガニといっても、越前ガニと呼ばれるのは雄のみに限られます。
福井県を代表する冬の味覚、越前ガニは全国各地で水揚げされるカニの中でも、特に美味しいと評判があり、皇室にも献上されているのです。

越前ガニは通常、水深40~200mほどに生息していますが、水温5度以下になると水深約400mぐらいの砂泥底に身を隠しています。
サイズは甲幅が15cm、脚を伸ばすと70~80cmほどにも成長、高らには黒いツブツブが付いていることが特徴です。
この黒いツブツブは美味しく育つカニがいる海域のに生息している虫の一種で、この虫が付着しているということは、水揚げされたカニが美味しいカニであるという証拠にもなります。

越前ガニについている黄色いタグの意味

越前ガニのもう1つの特徴は、カニの脚に黄色いタグが付けられていることです。
このタグは越前ガニである目印でもあり、三国、越前、敦賀、小浜の4箇所で水揚げされた雄のズワイガニのみに付けられます。
黄色いタグは福井県が全国でどこよりも先に「食のブランドの証」として、導入した目印なのです。
なので、越前ガニを市場などで探す場合は、黄色いタグで判断することができます。

人気の理由は美味しさにある秘密

他の地域よりも美味しいと言われる越前ガニですが、他とはどんな違いがあるのでしょうか。
越前ガニが美味しい理由は、水揚げが行われる越前海岸沿岸に秘密が隠されているのです。

越前海岸沿岸は水深が深いので、漁場がすぐ近くにあります。
さらに、漁場の地形は100m、150m、200mと段々畑のような形状となっているので、カニや魚が住みやすい環境となっているのです。
棲み家の環境が整っている越前ガニは快適にスクスクと育つことで、美味しいカニへと成長するのです。

カニの美味しさには水温なども関係している

カニが最も美味しくなる環境は、冬が寒く、さらに海水も冷たいことが関わっていると言われています。
越前海岸沿岸の冬の水温はとても低いので、美味しいカニが育つ最高の環境なのです。
そして、越前ガニは漁獲されると海水が入った水槽に入れられ、生きた状態で帰港します。

実は生きたまま帰港するのは全国的なカニの漁獲でも珍しく、これも新鮮な美味しさをキープしている理由なのです。
このように、越前ガニは生息環境から漁獲して帰港までの体制がしっかりしていることが、皇室も認める美味しさの秘密になります。
足の身は甘く、カニみそも濃厚な味わいが多くの人々を魅了し、人気になっている理由なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ