ズワイガニはかにみそも◎。その美味しい食べ方とは?

そもそもかにみそとは?

かにみそは脳みそのことではなく、すい臓と肝臓の機能を併せ持った臓器のことです。
食べたものの栄養を蓄積したり、分解や吸収したりという働きをしています。
牛や鶏でいうレバーにあたる部分です。

ただし、内臓なので新鮮なものでないと美味しくありませんので注意してください。
生の状態のカニの甲羅を取ると、きれいなオレンジ色をしていますが、時間が経つにつれて活きが悪くなったカニのみそは黒く変色していきます。
更に時間が経つと、張りも形も潰れていってしまいます。
ズワイガニのかにみそは他のかにのみそと違って濃厚でクリーミーな味となっており、みそもたっぷり入っています。

美味しくかにみそを味わう食べ方は?

かにみその食べ方というとそのまま食べるというものが一般的かと思いますが、実はかにみそには様々な美味しい食べ方があるのをご存知でしょうか?
かにみそを美味しく味わえる食べ方をご紹介します。

・かにみそ×パスタ

かにの身とパスタを一緒にするのはよく見かけられますが、かにみそとパスタの相性も良いのです。
トマトパスタと和えても良いですし、クリームパスタに和えればその濃厚な旨味とクリーミーなソースとマッチします。
また、両方をかけ合わせてかにみそのトマトクリームパスタにしても良いでしょう。

・かにみそ×グラタン

かにみその甲羅焼きなども美味しくいただけますが、せっかくなのでいつもとは違う甲羅焼きにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
例えば、甲羅の中にかにの身とかにみそを贅沢に乗っけて、お好みで炒めたきのこや玉ねぎなどを加えます。
その上にホワイトソースを掛け、チーズを乗せたらあとはオーブントースターで焼けば完成です。
かにみそグラタンが出来上がります。

・かにみそ×鍋

かにと言えばやはりかに鍋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
かにから出たエキスが鍋全体に広がり、かに自体も美味しくいただける料理の一つです。
ですが、なかなか鍋にかにみそを入れる方は少ないかもしれません。

かにみそを鍋のダシで溶かすと、コクがアップしてより美味しくなります。
また、このままかにみそが溶けているダシを使って雑炊にしてしまえば、残さずかにみそのコクと旨味を味わうことができるでしょう。
今回紹介したものはもちろんですが、かにみそは意外にも様々な食材に合うのです。
そのまま食べても美味しいのですが、ぜひかにみそをいつもとは違った食べ方で食べてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ