ズワイガニとアブラガニ、何が違うのか

どんな特徴を持っている?

アブラガニはタラバガニと見た目がそっくりな、タラバガニ科のカニを言います。
タラバガニとの見分ける方法としては、タラバガニのお腹には六角形の模様が見られるのですが、アブラガニには六角形ではなくひし形の模様が見られます。
お腹を見れば見分けることができるタラバガニとアブラガニですが、味などの違いはほとんどないと言っても過言ではありません。
そんなアブラガニは、ズワイガニとどのような違いが見られるのでしょうか?

ズワイガニとアブラガニの違いは?

ズワイガニとアブラガニはそもそも生物学的分類から違いがあります。
先程アブラガニはタラバガニ科のカニということをご紹介しましたが、正確にはヤドカリ下目タラバガニ科であり、ズワイガニは十脚目ケセンガニ科に分類されています。
つまり同じカニの種類ではあるものの、アブラガニは元々ヤドカリと同じ仲間に分類されることが分かります。
見た目としては、アブラガニはトゲトゲとした見た目をしていて甲羅や脚も大きいです。
脚は4対の計8本あります。
一方ズワイガニは、甲羅は小さく、脚も細身なのですが脚は5対の計10本で構成されており、脚の数からして違いを見ることができます。

味はアブラガニは大味で淡白な印象を与えるような味で、カニ味噌も基本的にはあまり食べられません。
しかし、ズワイガニは細身ですがそこに旨味や甘みがぎゅっと詰まっていて、大ぶりのアブラガニよりも好まれる方は多くいらっしゃいます。
カニ味噌も濃厚さが魅力となっています。

低価格のアブラガニとズワイガニを食べ比べてみよう!

アブラガニはタラバガニとほとんど味や見た目に違いが見られませんが、タラバよりも低価格で購入することが可能です。
これはタラバガニの方が希少であることと、ブランド力によるものだと言えます。
そのため、美味しいカニを食べたいけどお金が心配・・・という方も安く、そして美味しくいただけることでしょう。
味も見た目も異なるズワイガニとアブラガニをぜひ両方購入し、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

カニの通販サイトではそんな食べ比べを実現させることも可能です。
アブラガニの豪快で大ぶりな身と、繊細な味わいが魅力的なズワイガニ、ぜひどちらも一緒に堪能してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ