加納ガニの特徴と美味しい食べ方

漁師が誇る加能ガニの特徴

石川県で水揚げされているオスのズワイガニを加能ガニと呼んでいます。
何故加能ガニという名前が付けられたかというと、石川県内の加賀から能登までの漁協が一つになった事をきっかけに、それぞれの漢字一文字を取って、加能ガニという名前が付けられました。

大きさは9㎝以上のオスのズワイガニとされており、さらに船主が品質を確認し選び抜かれたものしか市場に出さないというこだわりのブランドガニです。
また、オスのズワイガニは加能ガニと呼ばれるのに対して、メスは「香箱ガニ」と呼ばれており、甲羅の中に入っているメスだけが持つ卵(内子)はオスの加能ガニでは味わえない、贅沢な味を楽しめます。
産地の信用を高める事と、加能ガニの認知度を広めるために港名と船名まで青いタグに刻印するという誇り高い意志の表れです。

命がけの水揚げ作業

加能ガニの漁期は11月6日から翌年3月20までの日本海がよく荒れている期間にあたります。
そのため荒波の合間をみて水揚げ作業するため、漁ではかなりの危険を伴うことになります。
そんな危険な中での水揚げ作業を終えると日帰りで港に戻ってきます。
新鮮な加能ガニが市場へ出すこともこだわりの品質を守る一つとなっているのです。

さらに加能ガニを大切に管理するための一貫として、禁漁期間に別の漁での混漁を防ぐため、改良網をひいて資源管理に努めています。
陸上水槽に活かしておく蓄養をお行うことで、出荷の安定化を高めることも行っています。

塩ゆでにして加能ガニの風味を堪能しましょう

加能ガニの足には殻を割ってみると、溢れそうなくらい身がギッシリ詰まっています。
シンプルにゆで上げれば身がしっとり甘くなり、身もやわらかくなります。
美味しく茹でるコツとしては、カニの足をたわしなどで軽く水洗いし、大きめの鍋に8分目程度の水と塩を加え、カニが全体まで浸るように入れます。

お湯が沸騰したら約1kgのカニは20分、それよりも小さいカニは18分茹でます。
茹で上がったら加納ガニはもともと殻がやわらかい事が特徴なので、ハサミなどで簡単に切ることができます。
身の詰まったプックリとした食感を味わったり、甲羅の中にもギッシリつまったカニ味噌もとても濃厚でカニ本来の風味を楽しむことができます。
冬の日本海ならではの加能ガニの旬の味覚を是非味わってみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ