他のカニと比べて味の特徴は?

ズワイガニの味の特徴

カニにも様々な種類がありますが、全て同じ味というわけではありません。
それぞれ種類が異なるカニによって味にも違いがみられます。
まずはズワイガニの味の特徴からご紹介しましょう。

ズワイガニの味の特徴は、やはり何と言っても濃厚なカニの甘さではないでしょうか?
他のカニに比べて細身で少ないですが、その分濃厚な味を楽しむことができます。

一番その甘さが感じられるのは、茹でガニです。
ズワイガニを塩茹ですることによって、身をキュッと引き締めて甘さを引き立たせるだけではなく、塩がカニの甘さをさらに際立たせる味の対比効果を生み出してくれます。
そのためズワイガニを食べる時はぜひ茹でカニにして食べていただきたいです。

ただ、ズワイガニは基本的に色んな料理に向いているカニでもあります。
お刺身やカニ鍋など、生食から火を通すものまで色んなカニ料理に合うのでぜひ色んな料理にズワイガニを使ってみてはいかがでしょうか。

タラバガニや毛ガニの味の特徴は?

大きくてトゲトゲした甲羅・殻を持つタラバガニの味は、大ぶりで意外と淡白な味をしています。
ぎっしりと身がたくさん詰まっているので食べ応えはありますが、ズワイガニと比べると甘さや旨味はそこまで感じられないでしょう。

また、毛ガニはタラバガニやズワイガニとは違って少し小ぶりで、脚も短いです。
ただし甘さや旨味はズワイガニと引けを取っていません。

タラバガニと毛ガニ、どちらも美味しいですが、おすすめの調理方法としては、タラバガニは焼きガニが、毛ガニはズワイガニ同様茹でガニにして食べるのがとても美味しくいただけます。
タラバガニは焼くことによって香ばしさがプラスされ、しかも身が締まってプリプリの食感を味わうことができます。

他種類のカニの味の特徴は?

タラバガニと少し似ていますが、茹で上がった時の色がとても赤く鮮やかな花咲ガニの場合、カニならではの旨味が味わうことができます。
これは花咲ガニが主食を昆布としており、昆布の旨味成分を摂取しているためだと考えられます。

イバラガニというなかなかスーパーではお目にかかれないカニは、脚の太さはタラバガニよりも太く、ぎっしり身が詰まっているのですが、味は濃く濃厚な旨味を感じられます。
イバラガニは滅多に食べられないとても貴重なカニなので、出会ったらぜひ食べて実際にどんな味か試してみてください。

ズワイガニと他のカニの味を比べてみると、ズワイガニはカニの種類の中でも甘さや旨味は抜群で、しかも色んな料理に合わせやすいということが分かります。
ぜひ他のカニではなかなか味わえないズワイガニの味を堪能してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ